着物といえば成人式の振りそでですが・・・

着物といえば成人式の振りそでですが・・・

着物といえば成人式の振りそでですが・・・

着物と言われて最初に思いつくのが成人式です。しかし、成人式で着物を着たから思いだすわけではありません。私は成人式には出席しませんでした。

 

4つ年上の姉がいます。姉の成人式の時には母も張り切って着物を作りました。何軒もの呉服屋さんをまわり、人とはちょっと違う姉の個性を十分に発揮させた見事な振りそでを買っていた事を覚えています。

 

今度は私の番?と思った私の成人式前は、母は振りそでを買ってはくれませんでした。姉のものがあるからそれを着れば良いということです。考えてみれば当たり前ですね。振りそでとは高価なもので、成人式の時くらいしか着る機会がありません。一度限りのものにわざわざ2着もいらないと考えても不思議ではありおません。

 

しかし、姉の時にはあんなに時間を費やしていたというのに、私の時は私に対して時間を費やすということが全くなかったことに対しても、腹ただしく思ってしまったようです。成人式当日はアルバイトが休めないからとせめてもの私の反抗でした。

 

したがって振りそでを着た写真なんて持ってはいません。今思えばあのときしか着ることのできなかった振りそでです。自分自身も着なかった事に後悔しているし、両親にも申し訳ないことをしてしまったという苦い思い出です。